和邇にある、美味しい大福を製造・販売している和菓子のお店「湖国近江 塩大福 – 団喜

塩大福 – 団喜

ある日この工場になかなかこの辺りでは見かけない大行列を発見!!!
テレビでも何度かご紹介されていたみたいです。

前から気にはなっていたので、行ってみましたよ~

メチャクチャお得な大福つめ放題の日!

団喜の甘味処

工場の横に甘味処も併設されていて普段から購入したり、お店で召し上がることもできますが、

なんといっても毎月第4土曜に行われる特売日!

工場の敷地内に設けられた特売所では、各種和菓子が格安で手に入るだけでなく、1回500円で行なえる “大福の「詰め放題」” がメチャクチャお得なんです!

 団喜の大福詰め放題その1

500円を支払うと、透明のビニール袋1枚が手渡されます。

ビニール袋の大きさは、よくスーパーでロール状に置かれた袋より少し小さい?

厚みはあって丈夫そうです。

でもですねぇ。詰め放題をしていた方の中に、たくさん大福を入れようとビニール袋を指で伸ばして・・・そうしていた方がいたんですが、結局あまり伸びずに袋が破れてしまっていました。(袋は新しい物に交換はしてもらえたようですけど)

ビニール袋は指で押したり引っ張ったりして広げようとしないでくださいね。

 団喜の大福詰め放題その2

写真奥に人がたくさん映っていますが、あの場所にテーブル3つ分、上に置かれたコンテナの中にいろん大福が混ざった状態で入っています。

 団喜の大福詰め放題その3

大福は色が白・ピンク・グリーンなど、ある程度見た目で中身はわかりますが、商品に記載されている訳でもないので、もうカンです。

どういった大福があるのかと言いますと、黒まめ塩大福餅・ずんだ・ごま・白つぶ・フルーツ大福など本当に幅広いんですが、行く時間帯によってスタンダードな餡の入った大福ばっかり・・・ということもありえます。

だからみんな朝早くから並んでるのかも?しれません。

実は途中で投入されていく大福に関しては、持って来た従業員さんに聞くと教えてくれます。

じゃあ、どれぐらい袋に大福を入れることができるのか?

団喜の詰め放題のテクニック

大福はキチンと袋に入っていなくても、袋の下の部分だけを持って、饅頭が落ちなければOK!

20個以上は入ったかな!?

1個あたり20円ぐらいで買えたことになります!

冷凍された詰め放題の大福は、日持ちするので非常に助かりますね。

スポンサーリンク

工場敷地内の特売所で販売されている商品と値段

スイーツ大福6個500円
よりどりみどりのスイーツ大福6個で500円

普段買うより安くなっているようです。1個100円していませんからね。

スイーツ大福は種類が多くて、そして生クリームが入っていたりで洋菓子の方が好きという方でも美味しくいただけますよ。

みたらし団子・わらび餅・おはぎ1パック200円
みたらし団子・わらび餅・くず餅・おはぎなど、このコーナーに置かれた商品は1パック200円!

個人的には、黒糖や抹茶のわらび餅が絶品でしたよ! この値段なら絶対リピです。

年末の詰め放題の日は、餅つき大会も!

団喜の餅つき大会その1

団喜の餅つき大会その2
シーズンによって、いろいろイベントをされているのかもしれませんが、私が足を運んだ12月最後の特売日は、餅つき大会も行なわれていました。

子供たちのみ、今となっては貴重な餅つきを体験させてくれます。

ついた餅は、すぐにきな粉餅として来場者に振る舞われました。
(砂糖が入っていない、きな粉餅でしたが)

まとめ

行列の出来る大福詰め放題。

毎月第4土曜日ですよ! 

午後3時、4時ぐらいですともう売り切れて終了しているかもしれませんので、行かれる場合はお早めに。

営業時間 10時(特売日は9時30分)~16時
駐車場 30台
TEL 077-592-2441